下肢静脈瘤の症状と治療について

公開日時

下肢静脈瘤とは、ふくらはぎの周りにある静脈が膨れ、うねった状態になることをいいます。静脈瘤には表在静脈の弁が障害され立位で重力によって静脈血が逆流しうっ滞する「一次性静脈瘤」と深部静脈が閉塞したために表在静脈が膨れ上がったことによってできる「二次性静脈瘤」と呼ばれるものがありますが一般的に静脈瘤と呼ばれているものは一次性静脈瘤を指します。先天的に静脈弁が弱い場合に発生し家族性によくみられるのが特徴です。静脈瘤を悪化させる原因として、肥満、妊娠、高齢、外傷等があげられますが、暖かい環境での立ち仕事を職業とする理髪店や店員をはじめ長時間座るデスクワークの方にも多くみられるようです。特に中年以降の経産婦に多くみられ下肢内部の大伏在静脈、下肢の外側の小伏在静脈に多く発生します。両側下肢に発生し立った状態の姿勢では目立ちますが横になり下肢を持ち上げると消えるのが特徴です。立つと足がだるく感じられ重苦しいないしは鈍い痛みが出ますが歩き始めると痛みや不快感は解消します。症状が重症化すると静脈の膨れかたがひどくなり皮下出血や静脈炎を引き起こし皮膚こう結、色素沈着、皮膚炎を伴い潰瘍も見られるようになります。

治療は軽度であれば進行を食い止めるために長時間の立ち仕事やデスクワークを避け下肢を持ち上げるようにします。立位時には弾力性があるストッキングを使用します。静脈瘤が重症化し明らかに皮膚の炎症がひどい時や痛みがひどい時にはストリッピングと呼ばれる手術で静脈を抜去します。手術は比較的簡単で症状も再発することはありませんし良好な結果が得られます。血管を固める硬化薬を静脈瘤が出来ている部分に注入する硬化療法も外来通院で短時間でできる治療方法もありますがこれは再発がみられることもあり、重症化のケースでは静脈を結紮して閉塞を確実にする併用治療が行われています。最近では静脈抜去をしないでレーザーによる内腔から静脈を焼く方法も多く取り入れられています。下肢静脈瘤の予防方法ですが長時間に渡って同じ姿勢を保たないこと、ガードルなど体を締め付けるような下着は避ける、肥満に気を付ける、寝る時には足を少し高くするといった方法で普段の生活でケアすることが可能です。下肢静脈瘤は症状の程度によって様々な治療方法が確立されていますので症状が見られた際には早めに専門医にかかり主治医とよく相談し最適な治療方法を選択することをオススメします。