わきがのメカニズム

公開日時

わきがとは、わきから出る汗に独特な嫌な臭いがある症状のことをいいます。
ネギのような匂いと表現されることもあります。

普段、運動などによってかく汗はエクリン汗腺というところから分泌されます。
エクリン汗腺は全身の皮膚に存在し、ここから出る汗は、一般的に「汗臭い」などと表現され、
わきがの独特な臭いとは異なります。

それに対し、わきがの臭いの発生の原因は、アポクリン汗腺というところから分泌される汗にあります。
このアポクリン汗腺は、わきや陰部などに存在し、ここから出る汗が皮膚上で、
皮脂の脂肪分や、エクリン汗腺からの汗、皮膚表面の細菌や雑菌などと混ざり合うことで、わきがの臭いが発生します。

わきがになる人は、そうでない人よりもアポクリン汗腺の数が多く、大きさも大きい場合が多いようです。
わきがの臭いの強弱は、アポクリン汗の成分によるとも言われています。

そして、皮膚上に細菌が繁殖しやすい人は、ワキガの臭いが強くなるようです。

これらは遺伝的なものや、長年の生活習慣によるものなので、常に清潔にしていても臭いが消えるわけではありません。

制汗剤などを使用すれば、少しは匂いの軽減につながりますが、根本的に治療するためには、手術を受ける必要があります。