彼女、痔の手術をしました

公開日時

私の彼女、いぼ痔だったのです。
付き合って3年経ってようやく、彼女が痔の持病があると知りました。
それまでは、なんとか隠し通すつもりだったようです。
そう言えば思い当たるフシが一杯あったのです。
せっかく温泉にお泊まりした時でも、夜寝る前に、今日はダメ!急にダになってしまったと言われた時もありました。
また、デートをしている時でもひどく歩きづらそうな時もありました。
靴が合わないとかの言い訳をしていましたが、全部痔のためだったそうです。
男性でも痔持ちは何となく恥ずかしいかも知れませんが、女性はもっと恥ずかしいものだったのでしょう。
その彼女、今病院のベッドの上です。
とうとう手術を受けたのです。
ニッチモサッチモ行かなくなったそうです。
そして、ここまで痛くなると、恥ずかしいもなにもないそうです。
ですから見栄より痛い方を治すことが先だと言っていました。
若い女性ですからから男性の先生では、イヤと思ったのでしょう。
女性の先生を探して、レーザー手術を受けたようです。
また、彼女が先生に、出産の時は気を付けるようにと言われたそうです。
女性は、この時キレ痔になりやすいと言われたそうです。